定期試験対策

福島県の県立高校を受験する場合には、入試問題の得点だけでなく中学校での内申点も大きなウエイトを占めることになります。それは受験の合否を、得点と内申点の合計で判定することになるからです。そして内申点を決めるいちばん大きな要素が定期試験における各教科の得点なのです。

進学研究室の通常授業は常に学校に先行する進度で進められます。これは中間試験や期末試験の時期には通常の授業の進行をストップ(土曜受験単科コースを除く)し、テスト対策のための期間として2週間前後の日程を確保するためです。内申点の重要性を考えたときに、徹底した試験対策のためにはどうしてもそれだけの時間が必要となってくるのですが、そのテスト対策の期間中に学校の授業が進学研究室の授業を追い越してしまう事態はできるだけ避けたいと考えています。

試験対策は中学校別と生徒各自の習熟度別に個別に対応した学習となります。同一の問題を使用する場合でも、各学校の出題範囲や一人ひとりの理解度に応じて取り組むべき問題の取捨をアドバイスしていきます。

進学研究室では、この2週間だけをテスト対策の期間と考えるのではなく、ふだんの自主学習の中で試験までの日程を逆算した勉強を意識したり、テキストを活用して自分で出題の形を考えてみたりすることが、次のステージへの一歩となると思っています。テスト対策を、目の前にある課題をクリアしていくための訓練ととらえて、様々な取り組みを工夫してみましょう。